足立区は、江戸時代に世界最大規模の宿場町を擁し、それ以前から生鮮野菜の栽培が盛んで、やっちゃ場(青物市場)があり、文化レベルの高い歴史や多くの野菜生産がありました。現在の小松菜は、歴史を持ち区内生産量第1位で、全国屈指の生産地の一つであります。
足立区で生産され、他地域よりも鉄分が30%程度豊富な高品質の小松菜を【あだち菜】と命名しました。(東京電機大学調べ)
足立区島根の安穏時では、焼き豆腐とあだち菜(当時は青菜と呼ばれていました)の吸椀を3代目将軍の徳川家光公へ献上し大層お気に召され、小松菜の命名に繋がったという説があります。(小松菜命名については諸説あります)
当時から足立では通年生鮮野菜が栽培され、やっちゃ場を通じ江戸城徳川家御用達の野菜とされていた事が小林一茶の日記にも記されています。

生産農家の一部を紹介です。生産者情報やあだち菜購入は、【JA直売所 あだち菜の郷】

資料提供:JA東京スマイル足立地区直売部会&青壮年部